赤ちゃんのやる気を高める褒め方のポイント3つとは?

こんにちは、てらこやスタッフの武藤裕子です。
私は今、9ヶ月の娘を育てています。娘はなんと9ヶ月にして階段を一番上まで上がれるようになりました。

私はよく娘が何かにチャレンジしている時に「すごいね!」とたくさん言うのですが、ママ達といたりすると「〇〇したらダメよ!」と耳にすることがあります。

もちろん時には叱ることも必要だとは思いますが、私は娘がいたずらをしていても基本怒らずやっていることを眺めているため、娘は9ヶ月にして階段を一番上まで上がれるまでチャレンジできるようになったのです。

どんな時に褒めているか

どんなことでもでもいいんです。おっぱいやミルクをたくさん飲んだら「上手に飲めたね」とか、前よりできるようになったことで「前より〇〇できるようになったね」とか。

特にハイハイやお絵描きや今チャレンジしていることで「すごいね!〇〇できるようになったね」のように具体的な行動を褒めてあげると、できるようになった喜びを感じ、さらにどんどん挑戦していきます。

子供はいつも自分のことをみてくれているという安心感と、ほめてもらったという肯定感を得られます。大人でも褒められたら嬉しいですから「すごいね、えらいね」+ぜひ具体的な行動をたくさんほめてあげてくださいね。

 

親が褒めやすいポイント3つ

ではどんな時だと親も褒めやすいか。

①経過を褒める

親がやってしまいがちな褒め方として、「良い結果が出た時にだけ褒める」といったことがあると思います。上手くいくこともあれば失敗することもあります。“結果”だけではなく頑張っている“経過”にも注目して褒めてあげてください。

「親が自分をしっかり見てくれている」と思えば、子供は勇気を出して前進していけるもの。新しいことに挑戦する時は“結果的には失敗”になることも多いので、経過をしっかり見て褒めてあげたいですね。

 

②具体的に褒める

「スゴイね!」「偉いね!」「いい子だね!」などの言葉だけよりも、「〇〇出来たんだ!偉いね!」「お手伝いしてくれてママ大助かりだよ。ありがとう!」など、具体的に褒めてもらった方が嬉しかったりします。頭を撫でてあげるのもオススメです。

自分のことをちゃんと見てくれているという安心感や喜びも得られますし、「次もまたやろう!」と思うようになるので、良い生活習慣を身に付けさせる為にも具体的に褒めてあげたいですね。

 

③その時そのタイミングで褒める

褒めることにはタイミングも大切。「今日は上手に〇〇できたね!よく頑張ったね!」と寝る前に褒められたらどうでしょう?大人でも覚えてないことがたくさんあるのですから、子供もよく覚えていないと思いませんか?

褒めるポイントを見つけたら、その時その場でたくさん褒めてあげましょう。子供にとっても褒められて嬉しい時に褒めることも大切です。

 

以上、いかがでしたか? おさらいをすると、

①経過を褒める:“結果”だけではなく頑張っている“経過”にも注目して褒めてあげると赤ちゃんも喜びます。

②具体的に褒める:具体的に褒めてもらった方が嬉しかったりします。頭を撫でてあげるのは本当にオススメです。

③その時のタイミングで褒める:褒めるポイントを見つけたら、その時その場でたくさん褒めてくださいね。

何よりママの笑顔が一番子供は喜ぶので、ぜひたくさん褒めて子供の無限の才能を引き出してあげてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. パパに求めるサポート・子育てとは?〜パパはこう感じてる〜

  2. 乳児期に必要な5つの刺激とは?

  3. 子供の習いごとは何させる?〜なぜ、ピアノはオススメと言われるのか?〜

  4. 優しい子に育つ⁉【ありがとう】は魔法の育児♡

  5. え?そんなことまで真似するの!? びっくりした子供の言動や行動

  6. 子育てにおける父親の役割とは?〜母親とどんな違いを子供は感じてる?〜

  7. 伸ばしてあげたい子どものチカラ〜親はどう接する?読む力編〜

  8. 【体験談②】子育てシェアで感じた3つのデメリット ~姉妹編~

SPECIAL POSTS

  1. イベントレポート

    ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回
  2. インタビュー

    子育てを学ぶ・楽しむママのための学校【mamag…
  3. インタビュー

    「子育てって最高にクリエイティブ!!」mamag…
  4. 教育最新情報

    次世代の子供達に必須と言われる【STEM教育】っ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES