ママが楽しく子育てをするための3つの環境とは?


こんにちは、てらこやスタッフの武藤裕子です。
私は今、9ヶ月の娘をシェアハウスで育てています。
昨日私がシェアハウスで子育てをしていると投稿したところ、どんな環境がシェアハウスでの子育て環境に近いと思うかご質問をいただきました。
(昨日の記事:体験して分かった成功と失敗〜子育て環境・シェアハウス編〜

シェアハウスでの子育てで感じる感覚は、昔でいう何世帯かで住んでいるような感覚かもしれません。
つまり一人で育てず、多様な価値観の中で誰かにサポートしてもらえる環境が身近にあるということです。

シェアハウスでの子育てに似ていると感じる、3つの環境とは?

私が思うシェアハウスに似ている環境とはシンプルにいうと

①夫婦両方の実家をうまく活用できている

もちろん赤の他人より素直に頼りやすいですから、まずは頼れるところは頼って自分に余裕を作ってあげてください。

②一時保育を上手に活用する

面倒見てくれるのは子育てのプロ!普段赤ちゃんと一緒にいるママは初めは預けるのも不安かもですが、思い切って預けて自分の時間を取るのも楽しく子育てできるポイントです。

③兄弟や友人の家で他の子供と一緒に過ごすこと

気心が知れていて自分もゆっくりでき、子供達も楽しい。そんな環境をたくさん作ると子供の性格が分かったり、子育てをシェアすることで自分のリフレッシュにも繋がり、子育ても楽しめるようになります。

 どういう時に似ていると感じるのか

ではどういう時にシェアハウスでの環境と似ていると思うかというと、

  • 子どもの知的興味を満たしてあげられること
  • 両親(大人)の気持ちに余裕が生まれ、愛されてるんだと実感させてあげられること
  • 自分が尊重されてるんだということを実感させてあげられること
  • 「あなたは、あなたのまま、どんどん伸びていいんだよ」と見守ってあげられること

を満たせている環境が近いと感じています。

自分一人では時に笑顔を向ける余裕がない時も、サポートをする側には余裕が以外とあるものです。
ママが一人で子育てを頑張るよりも、子供に対して余裕のある人に子供をたくさん褒めてもらい良さを引き出してくれるような環境があると、子供も自信がつきスクスク育つと思いませんか?

 

以上、いかがでしたか?
私自身実際に体験してみて、自分が疲れていて笑顔を向けられなくても、サポートしてくれる人にたくさんの笑顔を向けられ可愛がってもらっている娘を見て、「幸せ者だなぁ」と思うことがあります。

とはいえママの笑顔は子供にとっては格別。ママが笑顔でたくさん接することができるように環境をうまく使っていくと、子育てが更に楽しくなってくるかもしれません。

ぜひ色んな環境を体験し、自分に合ったサポートを見つけて楽しく子育てしていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 指示待ちの子ども

    子どもを指示待ち人間にしないために親が今すぐやめるべきこと

  2. なんで走りたがるの?じっとしていられない子供の心境とは?

  3. 赤ちゃんの上手な叱り方のポイント3つとは?

  4. 乳児期に必要な5つの刺激とは?

  5. 伸ばしてあげたい子どものチカラ〜親はどう接する?読む力編〜

  6. 21世紀型スキル【発想力や創造力・コミュニケーション能力】を伸ばす子育…

  7. 親子で大切にしたい歩くこと〜子供の歩育の効果とは?〜

  8. 乳幼児期に大切な自己肯定感って?

SPECIAL POSTS

  1. イベントレポート

    ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回
  2. インタビュー

    子育てを学ぶ・楽しむママのための学校【mamag…
  3. インタビュー

    「子育てって最高にクリエイティブ!!」mamag…
  4. 教育最新情報

    次世代の子供達に必須と言われる【STEM教育】っ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES