子供の心も育つ、楽しいお散歩の秘訣とは?

こんにちは、てらこやスタッフの武藤裕子です。私は今、10ヶ月の娘をシェアハウスで育てながらみんなで子育てをしています。

前回は子供にとって歩くことが、どんないいことがあるのかをお伝えしました!(前回の記事はこちらです。)
今日はそのお散歩が楽しくなるようなポイントをお伝えできたらと思います。

普段は歩くのがあんまり好きではない私も、旅行だったり初めての場所に行くと、新しい発見にワクワクしながらたくさん歩けたりします。
子供たちはそんなワクワクをいつも体験しているのかもしれないですね^^

 

楽しくお散歩するポイント3つとは?

①子供のペースでゆっくり歩いてあげよう!

お散歩は子供のペースで歩き、親は見守ってあげましょう。
子供の目線からは草花や虫など、たくさんの発見があります。子供のペースで歩くと五感がたくさん刺激され、感性が豊かになっていきます。

ただ子供が感じたり発見するには個人差があるので、あっちもこっちも動き回る子もいればじっと何かを見つめたまま考え込む子もいるので、子供の様子を見ながら満足いくまで付き合ってあげることもいいですね。

②集中している時は見守ってあげよう!

子供が何かを発見し、集中して観察している時は見守ってあげるのもポイントです!

子供はじっと観察している時は意識を集中して自分の頭で考えていたりするので、どんな発見があったのか意識がそれたら後で聞いてみてあげるのも大切ですね。

③興味を示しているモノは触れてみよう!

歩育は五感を刺激するのが目的なので、普段は触らせたくないものも、お散歩の時は少し大目に見て触らせてあげてましょう。触ることで五感も刺激されますし、小さな体験をたくさん積むことができます。

ただ怪我の危険性がある物や病原菌が心配な物(ゴミ置き場や動物の糞)などは触らないようにも見守ってあげてくださいね。お散歩の時はウェットシートを持ち歩くと安心です。

 

効果的にお散歩するために

「どこまで行く?」「お散歩の道を考えてみて」と子供と一緒に散歩道のプランを考えてみると更に楽しくなるかもしれませんね!
子供自身に発想し提案してもらう事で、自主的に行動できるようになります。
また帰る時間を約束したり、お散歩のゴールを設定することは子供の意欲向上にもつながるそうです!

子供は好奇心旺盛なので、お散歩の時にいろいろ質問をしてくるかもしれません。
その時は子供にも理解しやすい言葉で説明してあげましょう。子供の疑問に答えてあげると子供はどんどん疑問を見つけ、考える事で脳を成長させていきます。

 

以上、いかがでしたか?
大人にとっては近所や近場へのお散歩でも、子供からしたら知らない世界ばかり。たくさんの発見があったりすると子供には大冒険かもしれません!

子供とたくさんお話ししながら子供の目線でお散歩をしてみると、大人の私たちにも新たな発見があるかもしれませんね^^

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 伸ばしてあげたい子どものチカラ〜親はどう接する?聞く力編〜

  2. 子育てに辛くなった時。上手なストレス発散法とは?

  3. 伸ばしてあげたい子どものチカラ〜親はどう接する?話す力編〜

  4. 学校の風景

    学校に変わる学びの場、オンリーワンスクールとは?

  5. パパに求めるサポート・子育てとは?〜パパはこう感じてる〜

  6. 母乳とミルクどっちがいいの?育てる上でのメリット&デメリットとは?

  7. 優しい子に育つ⁉【ありがとう】は魔法の育児♡

  8. 「子どもの絵」をどうしてる?創造力を伸ばす【おうち美術館】を試してみた…

ままこくらぶ@東大和市専用LINE@

ままこくらぶ LINE@

SPECIAL POSTS

  1. イベントレポート

    ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回
  2. インタビュー

    子育てを学ぶ・楽しむママのための学校【mamag…
  3. インタビュー

    「子育てって最高にクリエイティブ!!」mamag…
  4. 教育最新情報

    次世代の子供達に必須と言われる【STEM教育】っ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES