ママにおススメ!やって感じたワークシェアの3つのメリットとは?

こんにちは。やんちゃ男児2人の子育てに奮闘中のてらこやスタッフ黒田舞子です。

子育てシェアに引き続き、現在ワークシェアに挑戦しています。
分担してお互いの子供を見ながら、子供と一緒に在宅勤務をしています。

1歳、2歳、4歳の子供を抱えて仕事するにはどうすればいいか。

子育て中でも、自分らしく仕事をしたい。
自分の夢も諦めたくない、というママ向けに参考になれば嬉しいです。

ワークシェアの3つのメリットとは?

①臨機応変に対応できるようになり、集中力が高まる。

仕事の時間を決めていても、予定があったとしても
子育て中には思い通りに運ぶことなど、まずありません。
思い通りにいかないのが当たり前なので、うまくいった時は喜びが2倍になります。

仕事に集中していた時に、子供が急にぐずったり大泣きしたりしても
臨機応変に対応できるようになりました。

タスクを天秤にかけ、お昼寝させてからの方が集中できると判断した時は
たとえ遠回りに思えたとしても、まず昼寝をさせて、
すっきり集中してからの方が仕事もスムーズに運びます。

頭をフル回転させ、子供をぐずらせないように、どうやったらいいのか
先回りの行動ができるようになった事で、スキルUPしたような気がします。

集中している時には誰も話しかけられないような、
一人の世界に入り込んでいたりします。

②子供と集中して遊べるようになる

仕事の時間を確保するためにも、お昼寝の時間は重要です。
とことん遊んで疲れると、ぐっすり寝てくれるので仕事も捗り助かります。

深い眠りについてもらう為にも、頭を使うブロック遊びや、
体を使った遊び、段ボール使ってトンネルを作ったり、歌を歌ったり。

ブロックで今まで遊べなかった次男が、隣で一緒に会話しながら遊ぶようになると
意外と色々と作れるようになり、とても驚きました。
時には親も一緒になって真剣に遊ぶというのも大切ですね。

集中して我が子と向き合うことで、子供がより成長し、
語彙力も格段に増え、自立してきた気がします。

何より2歳の次男が「おひるねする~」と自分で言えるようになった事に
驚くと共に、嬉しくてたまりません!!
ワークシェアで遊びに真剣に向き合った成果でしょうか。

時間や余裕のある時は、外で思いっきり走り回り発散する事で
とてもよく寝てくれるので、外遊びは本当におススメです。

③自分軸で働ける事に喜びが増える

1歳、2歳、4歳の子供を抱えながらの仕事なので、うまくいく時もあれば
もちろん予定通りに行かないこともあります。
現在は、できる限り子供中心の生活と決めていることもあり、
振り回されながらも、思い通りに進めた時は大きな喜びを感じます。

独身時代までは当たり前だった自分の時間が全くなく、
自由に働くこともままならない中で
自分軸で自由に働けた時は、喜びでいっぱいになります。

達成感が格段に違います。

ワークシェアを行う事で、集中して仕事ができ、
何かあった時は子供にも対応できる。
子供と一緒に成長している気がして、とても充実した日々になりました。

 

以上、いかがでしたでしょうか。

ワークシェアの3つのメリットとは、

①臨機応変に対応できるようになり、集中力が高まる
②子供と集中して遊べるようになる
③自分軸で働ける事に喜びが増える

以上になりますが、子育てしながらも、仕事や夢を諦めたくないというママに
参考になれたら嬉しいです。

 

「どうしたら夢を実現できるか」を常に考えて挑戦してみて下さい。

てらこやクロスでは、そんな夢に向かって挑戦するママ達を応援していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. パパに求めるサポート・子育てとは?〜パパはこう感じてる〜

  2. 乳幼児期に大切な自己肯定感って?

  3. え?そんなに効果ある!?男の子のママ必見。今すぐ試したくなる男の子の怒…

  4. 赤ちゃんのやる気を高める褒め方のポイント3つとは?

  5. 赤ちゃんの上手な叱り方のポイント3つとは?

  6. 学校の風景

    学校に変わる学びの場、オンリーワンスクールとは?

  7. 「子どもの絵」をどうしてる?創造力を伸ばす【おうち美術館】を試してみた…

  8. 伸ばしてあげたい子どものチカラ〜親はどう接する?読む力編〜

SPECIAL POSTS

  1. イベントレポート

    ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回
  2. インタビュー

    子育てを学ぶ・楽しむママのための学校【mamag…
  3. インタビュー

    「子育てって最高にクリエイティブ!!」mamag…
  4. 教育最新情報

    次世代の子供達に必須と言われる【STEM教育】っ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES