てらこやクロス座談会 第1回

先日子育てや教育に興味を持っているママと、子どもとゆっくりできるお店で座談会と称してランチをしてきました^^

私としてはママになって初の座談会。
力み過ぎないようにまずは少人数で、普段から気心が知れているお友達と子育てや教育について、今何が気になっているのか、自分達の子どもはどう育てたいのかを語り合ってきました。

わなびばキッチン333さんの、ママの身体にも優しいご飯^^

子ども達も一緒に参加。同じくらいの月齢だったので、仲良く遊んでいました^^

こんな時どうする?注意の仕方

ここで話に上がったのが、子ども達の遊ばせ方や注意するタイミング。
子どもは何にでも興味があるので、いたずらはもちろん、子ども同士で遊んでいると、時に相手のお子さんを泣かせてしまうこともありますよね?

私も感じたことがあるのですが、過敏だったり、すぐ注意するママといると、子どもをのびのび遊ばせるのが難しいな〜ということ。
私自身は自分の子がじゃれあって泣いてしまっても「いい体験だなぁ」と思いますし、「うちの子には何しても大丈夫だから気を使わないで」と伝えることもあります。

それは体験しないと分からないことがたくさんあるので体験から学んでほしい思っているのと、子どもの体験の機会を奪わないようにした上で見守っていればいいと思うからです。

心配性のママだと、子どもが何かする前から注意したりするので、もちろん私自身も相手のお子さんに何かしないように気を使ってしまいますし、少し疲れてしまいます。

そういう意味では今回は子ども達がいたずらをしていても、お互いに掴みあいをしていても「いいね〜^^」といい合える環境だったので、子どもも思いっきり遊んでましたし、私ものんびり見ていられました。

家庭の環境はどう大切?

他にも電車内での大人の対応についてどう感じるかや、いじめについてなど、その場にいてくださった専門家の人の話を聞きながら多岐にわたって意見を交換してきました。

いじめでの対応について、大人にとっては未来が考えられても、子供にとっては「今この瞬間」が世界の全てだということや、大切なのは家庭の環境だということも教えてもらいました。

家庭の環境が子どもにとって影響があるのはなんとなく感じている人もいると思いますが、影響があるからこそそうしていきたいのかを意識することが大切だと感じました。

自分をどう捉えているのか、どういう言葉が頭に残るのかは、「前提力」に影響されるということを伺ったことがあります。子どもにとっての前提力は家庭環境が大切だということも。
この「前提力」については今度コラムに書きたいと思います。

座談会をして感じたことは、子育てを通じて自分がどうしていきたいのかをたくさん考えさせられます。
みんなで意見を交換するっていいですね!

座談会はまた定期的に開催していこうと思ってますので、
気になる方はご連絡くださいね^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第2回

  2. ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第4回

  3. ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第3回

  4. ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回

  5. これからは【親の総合力】が試される時代!? mamagaku「未来教育…

  6. ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第1回

SPECIAL POSTS

  1. イベントレポート

    ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回
  2. インタビュー

    子育てを学ぶ・楽しむママのための学校【mamag…
  3. インタビュー

    「子育てって最高にクリエイティブ!!」mamag…
  4. 教育最新情報

    次世代の子供達に必須と言われる【STEM教育】っ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES