え?そんなに効果ある!?男の子のママ必見。今すぐ試したくなる男の子の怒り方

こんにちは、てらこやスタッフの武藤裕子です。
最近1歳の娘を色々な環境での子育てを試したいと思い、シェアハウスでの子育てを卒業し、期間限定で姉と子育てシェアをしてみることにしました^^

娘にとっても一人っ子としてではなく、3人兄弟の末っ子を体験する貴重な機会です♪

その中で感じたことは、男の子と女の子の育て方は同じようで違うということ。

女の子は自分が女性なのでなんとなく何を伝えたいのか分かるのですが、男の子は・・・学びがたくさん!笑
聞いてるのか聞いてないのか、「何回言ったらわかるの!」「いい加減にしなさい!」というような言葉は日常でたくさん耳にしています。

そんな姉の息子2人は近所でも有名な4歳と2歳の『やんちゃ君』たち。
「いつも同じことして怒られてて懲りないなぁ。」と逆に感心してしまうほど。

どう注意したら効果的なのかを模索していたら、仕事の打ち合わせの時にいいことを聞きました!
それを実際試してみると・・・

効果抜群でした!!!

男の子は怒られてもなぜケロッとしているのか?

そもそもで、どうして男の子はお母さんに何度怒られてもケロッとしていられるのでしょうか。

打ち合わせの時に教えていただいたのは、絶対音感のレッスンを行っていると顕著に現れるらしいのですが、男の子は、低音を聞き取るのが得意なんだそうです。逆に高音は苦手なんだそう。

つまり、お母さんが怒る甲高い声があまり聞こえてないと言うことでした。
音としては聞こえているけれども、言葉の意味を理解したという「音」ではないようです。

男の子と言うのは声変わりがあるからなのか、本来低音の認識がしやすくなっているようです。
そのため、お母さんが怒ったときの甲高い声は、まるで宇宙人が話しているかのように「雑音」としか聞こえていないことも多く、「聞きたくない音」として音を排除してしまうのだそう。
またお母さんの言葉には、無駄が多いと感じているようです。

なるほど、男の子と男性が繋がってきた気がしました!笑
私が主人に感じることも、元をたどれば男の子なのだから、男の子から学ぶことは大切ですね。
もしかしたら、女性に「ねぇ、話聞いてる?」と言われている男性も一緒かもしれません。笑

 

では、どのように注意するといいのか?

男の子に怒る時は、低音で鋭く短い文章で伝えてあげると理解しやすいそうです。

私もお買い物の時にチャールドシートに乗らない次男君に思い出してやってみましたが、効果抜群でした!
いつもはぐずりだすとなかなかいうことを聞かない次男君もスッということを聞き、意識して声を低く出すのは変な感じですが、言うことを聞いて欲しい時に聞いてもらえるのはとっても助かります。

日常をよく観察していると、ママの言うことは聞かなくてもパパのいうことは聞く子が多いのも、声の高さが影響しているのかもしれないなぁと感じるキッカケになりました。

以上、いかがでしたか?
私は女の子の子育てをしているので、なかなか男の子に怒ることはほとんどありませんでしたが、姉の子供たちと接することで男の子と女の子の育て方が違うことがよくわかりました。

男の子を注意する時は低い声で短く。
男の子の子育てを学んでいくと、もしかしたら旦那さんが素敵な男性になっていくサポートにも繋がっていくかもしれませんね^^

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 【体験談②】子育てシェアで感じた3つのデメリット ~姉妹編~

  2. 明日の準備

    毎日、連絡帳を書き忘れて持ち物がわからない子ども、問題はどこにある?

  3. 伸ばしてあげたい子どものチカラ〜親はどう接する?話す力編〜

  4. 子どもの癇癪って何で起きるの?効果的な親の対応の仕方【3つのポイント】…

  5. 何を聞いても「忘れた」という子どもから話を引き出す質問力の鍛え方

  6. なにを選ぶといい? 0歳児のおもちゃ選びのポイント4つとは?

  7. 子育てにおける父親の役割とは?〜母親とどんな違いを子供は感じてる?〜

  8. 指示待ちの子ども

    子どもを指示待ち人間にしないために親が今すぐやめるべきこと

SPECIAL POSTS

  1. イベントレポート

    ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回
  2. インタビュー

    子育てを学ぶ・楽しむママのための学校【mamag…
  3. インタビュー

    「子育てって最高にクリエイティブ!!」mamag…
  4. 教育最新情報

    次世代の子供達に必須と言われる【STEM教育】っ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES