スタッフ紹介

  • 黒田 舞子

夢は『個育て』を楽しむ地域のおばちゃん。

黒田舞子

どんな時代になっても、どんな環境・国に行っても
自分に自信を持って思う存分チャレンジできる、
そんな子育てをしたいと思っています。

自己肯定感を育む大事な乳幼児期。
子供の個性を最大限に伸ばせるように、子供たちと一緒に思いっきり遊び、
のびのびと子育てがしたい。

私自身といえば・・・
母親としては全く育児に自信がなく、子供達から教わる事ばかり。
やんちゃな男児2人、何でこんなにも思い通りにいかないのか。
子供の可愛い寝顔を見ては学びの毎日です。

子育てしながら自分育てをさせてもらっているような感じですが、
第2の人生だと思って子供と思いっきりチャレンジしています。

今までは人材関係のお仕事をさせて頂いていましたが、
昔から教育に関心があった事もあり、子供の教育に携わりたいと思うようになりました。
出産後、子育てをする中でその想いはより一層強くなり、
今回てらこやクロスとの出会いを通じて自身の夢も実現していけたらと思っています。

我が家の平日はワンオペレーション育児。
一人泣いたことも数知れず、引っ越しと妊娠が重なり、産後うつになった事も。
楽しい育児と辛い育児の両方を経験する中で、地域の重要性を痛感しました。

昭和生まれの私は、周りの大人に支えられ、見守られながら育ちました。
近所のおばちゃんに預けられたり、夕食を友人のお宅で食べたり、
母の友人が台所にいて、食事を作ってくれたりと、
栃木の田舎ならではの古き良き幼少期を過ごさせてもらいました。

学校から帰宅後も、ランドセルを玄関に置いて学校へ遊びに戻る日々。
広い校庭で思う存分遊んだり、公園で秘密基地を作ったりした経験は、
今でも胸に刻まれています。

何か壁にぶつかった時、新たな事に挑戦するのに迷った時は、
幼少期の自分が励ましてくれているような気がします。

いつまでもチャレンジを忘れない。
子供に学び、幾つからでも挑戦できる、
そんな母親になりたいと思っています。

親の背を見て子は育つ。
口で多くを語らなくても、自分の生き方で生きる楽しさを伝えていく。
そんなチャレンジをてらこやクロスでしていきたいと思っています。

昨今、非認知能力の重要性が叫ばれていますが、
IQ(知能)に関係なく、「意欲」「協調性」「粘り強さ」
「忍耐力」「計画性」等の個性の特性がより重要視され、
2020年からの大学入試でも、評価の対象となるそうです。

大人になってから社会で成功する力になる、この非認知能力とは

〇目標に向かって頑張る力
〇人とうまく関わる力
〇感情のコントロール力

等で、子供主体の遊びの中で育ち、粘り強く頑張る子になるそうです。

コミュニケーション能力が大事になってくるこれからの時代に、
どんな子育てをしていったら良いのか、
皆さんと一緒に語り合っていけたらと思っています。

少しでも多くのお母さんが、子育てを楽しみ、自身の人生もエンジョイできるよう
次世代の宝の子供たちを、地域みんなで育てるお手伝いをしていけたらと思いますので、
何かあればぜひお話を聞かせてくださいね。

SPECIAL POSTS

  1. イベントレポート

    ままこくらぶ 子育てミライ座談会 第5回
  2. インタビュー

    子育てを学ぶ・楽しむママのための学校【mamag…
  3. インタビュー

    「子育てって最高にクリエイティブ!!」mamag…
  4. 教育最新情報

    次世代の子供達に必須と言われる【STEM教育】っ…
人気記事 注目記事

ARCHIVES